CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ミュージックバトン
hisokaさまからいただいたバトンです。海外から遙々来たのだとか。こういうの最近流行ってますね。結構好きですよ。

----------------------------------------------------
●Total volume of music files on my computer
(コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量)

音声はあっても音楽は入れてないので…。

●Song playing right now (今聞いている曲)
氣志團「俺たちには土曜日しかない」
→メチャメチャ元気でます。

●The last CD I bought (最後に買ったCD)
スピッツ「スーベニア」
→某様とのやりとりで「うー聴きたいー」となってどっぷりハマってます。

●Five songs(tunes) I listen to a lot, or that mean a lot to me
(よく聞く、または特別な思い入れのある5曲)

・BUMP OF CHICKEN「ロストマン」
→実家を出ることを決めた時に流行っていた曲です。自分的旅立ちソングです。

・スピッツ「ほのほ」
→上のアルバムの中で一番好きです!「君だけのために…」って♪

・鬼束ちひろ「私とワルツを」
→某特務を何故か連想してしまって再び火がつきました。

・「Le temps des cerises(邦題:桜んぼの実る頃)」
→この曲にまつわるエピソードが泣けます。作詞者のパリ・コミューンに対する悲痛な思い出。サクランボ持った看護婦さん(涙)宮崎アニメでも流れてましたね。"Quand nous en serons au temps des cerises〜"の気怠い歌い初めからして良いです。

・France Gal「Poupée de cire,poupée de son(邦題:夢見るシャンソン人形)」
→かわいい!初めて聴いたフレンチポップスです。
"Mais un jour je vivrai mes chansons," "Sans craindre la chaleur des garçons,"だって、もう!あはっ!兎に角かわいいのですよ。

●Five people to whom I'm passing the baton
(バトンを渡す5人)


・Kissyさま
・li009973さま
・蒼魔さま
・鷹司もへさま
・はびさま

唐草の独断と偏見とアミダで決めさせていただきました。
お忙しい中すまみせん!もう既にどなたかから受け取っていらっしゃいましたらスルーしてください。
よろしくお願いします。

私信:hisokaさま
ありがとうございます。楽しく答えさせていただきました。
コミックバトンに読書バトンにビデオゲームバトン…と色々あるみたいですね(笑)
| Cahier de brouillon -雑記帳- | 23:49 | comments(3) | trackbacks(0) |
2000ヒット記念企画 その2
こちらはKissyさまから頂いたリクエストです。
『「暮れゆく夕凪、鴨川と」で、できたら詩などの短めの文章で』
とお題を頂きましたので、短い散文詩5編を作らせていただきました。
 舞台設定は、今の季節の夕暮れ時の鴨川(京都市)です。
「続きを読む」からどうぞ。
続きを読む >>
| Cahier de brouillon -雑記帳- | 13:51 | comments(1) | trackbacks(0) |
2000ヒット記念企画 その1
 大っ変、遅くなりました。蒼魔さまから頂いたリクエスト「ハヤテ丸の日常を2000文字程度で書く」がです。
 うちのブログペットのハヤテ丸君が一人称(?)で語っています。
「続きを読む」からどうぞ。
続きを読む >>
| Cahier de brouillon -雑記帳- | 12:49 | comments(1) | trackbacks(0) |
駄文三文 -Guilty-
 日記に書いた通り「反省して」ハルとリオンの話を書いてみました。今回はギャグ一切抜きです。
15禁の規定はよく分かっていないのですが、情景描写を省いて殆ど台詞だけにしても殺伐とした雰囲気になってしまいました。そういったものが苦手なお方はご遠慮ください。ただし、そうでない方には物足りないかと思います。
続きを読む >>
| Cahier de brouillon -雑記帳- | 22:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
戯れ言 −浸食していく物−
散文詩です。
以前書いてほったらかしにしていた物を載せてみました。
かなり暗い内容なので、テンションを下げたくない方、爽やかな一日を送りたい方にはお薦めできません。

「それでもいい!」「ここまで前置きしておいて一体何書いたの?」という方は『続きを読む』からどうぞ。
続きを読む >>
| Cahier de brouillon -雑記帳- | 01:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
「時の勢は…」 -変化し続けた価値観「学ぶ権利と女性」について少し-
毎日新聞社発行「1億人の昭和史 日本人 1三代の女たち 上 明治大正編」を見て思ったことから一つ。

…又別に洋学女生と見え、大帯の上に男子の用ゆる袴を着し、足駄をはき、腕まくりなどして、洋書を提げ往来するあり、如何にして女学生とて猥(みだら)に男子の服を着して活気がましき風俗なすこと、既に学問の他道に馳せて女学の本意を失いたる一端なり。是等は孰(いず)れも文明開化の幣にして、当人は論なく父兄たる者教えざるの罪と謂うべきなり。
(明治5年3月・新聞雑誌35号より)

 このような当時の新聞切り抜きを見ると昔のこととは分かりつつも「むむむ」と唸ってしまいます。書き手も多くの読み手も男性であったということなのでしょうか。「価値観が違っていました」だけで済ませたくないのは、なまじ写真に残っている時代だからだけではありません。ジェンダー論をこの場で書き連ねるにはまだまだ不勉強というものですが、一言だけ。
続きを読む >>
| Cahier de brouillon -雑記帳- | 22:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
1000ヒット記念 100の質問に回答
 おかげさまで当ブログの左下にあるカウンタ(2004年12月6日設置)が先日1000ヒットいたしました。記念として何かやろうかと思ったのですが、今回は勝手に「100の質問」に答えてみました。
100の質問は色々と出ていますが、様々な質問の元になったと言われる「ねえさんたちに100の質問」に答えてみました。「ねえさん」と言える年齢でもあるし。

 お時間のよろしい方は下の「続きを読む」からぞうぞ。
続きを読む >>
| Cahier de brouillon -雑記帳- | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
2005年
一年の計は元旦にあり、と言いますので今年の基本方針をここに。
続きを読む >>
| Cahier de brouillon -雑記帳- | 23:59 | comments(1) | trackbacks(0) |
フランス語学習法(1 )
ただ今留学準備中の唐草寿が綴る日々の勉学事情、仕事ぶり、生活ぶりなどなどでございます。


 などとブログの説明に書いておきながら、近頃勉強のことを書いていないことに気がつきました。というわけで近頃の勉強法を一つ紹介します。
 
 教材:NHKラジオイタリア語講座
 辞書:LAROUSSE Dictionnaire de Poche Fracais-Italian,Italiano-Francese(ラルース仏伊・伊仏辞典)、LAROUSSE DE POCHE 2004(仏仏辞書)、ディコ仏和辞典 
・NHKラジオイタリア語講座をまず普通に聞く。
 ・イタリア語の分からない単語はまず伊仏辞典で調べる。
 ・仏語訳が分からない時は仏仏、それでも分からないときは仏和で調べる。
 ・入門編のイタリア語文を仏語訳する。
 
 基礎知識の復習に役立ってます。あと頭の体操にも。同じラテン語の仲間なので訳も楽です。問題点としては単語調べに時間がかかること、フランス語訳の確認が出来ないこと、そして時々おかしなフランス語になってしまう(多分)ことが挙げられます。しかし私には普通にイタリア語をやるよりも、数段楽しいです。フランス語で書かれたテキストがあれば一番楽なのですが、今の所見つからないのでこの方法で続けていきます。
 英語・ドイツ語など他の言語間でも可能だと思いますので、試された方はよろしければご感想をお知らせください。
 
 ※この方法を試すには、どちらか一方の言語について基礎文法を終えられていることが条件となります。 
| Cahier de brouillon -雑記帳- | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
「ゲランのミツコ」
GUERLAIN Mitsouko
「一度体験したら心から消せない」

とまで評された有名な香水。日本でも大人気。どのような物かはあえて書きません(知らない方は調べてみましょう)。
言わずと知れた、女性が贈られて喜ぶ香水の一つであります。しかし唐草にとっては「母の化粧台の引き出しの香り」。この香りがすると実家で掃除をしている気分になってしまうから不思議。
 もし奇跡的にこのような物を贈られても、「ああ、お母さんの引き出しね」なんて口が裂けても言ってはいけない。 
| Cahier de brouillon -雑記帳- | 23:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/3PAGES | >>