CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 牡丹雪名残雪 | main | 主張と行動と立場と >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
“ふざけすぎた季節のあとで“
 お礼申し上げるのが大変遅くなってしまいました。数日前に左下にこっそりある当ブログのカウンタが一万回転いたしました。カウンタ設置から一年ちょっとであります。管理人もビックリしています。
 拙宅のような弱小辺境ブログに来てくださっている皆様、いつもありがとうございます。これからも(何をどうすれば良いのかわからないのですが)精進していきますので、よろしくお願いいたします。
 五千回転御礼の時に「一万いったら何かやります」とか書き散らしていたと思うのですが…すいません!まだ何にも考えていません。り、リクエストがありましたら……どうぞ。顔写真とその他役に立たない個人情報公開以外でしたら出来る範囲でやります(寧ろ「やらかします」?)。というか三千打記念に頂いていたのも載せなくては…ごめんなさい。

 今日も大学はストライキで閉鎖でした。昨日だと他の校舎は大丈夫だったらしいのに、今日はアオリを受けて…というよりも他の先生方がやる気をなくして授業中止が相次いでいます。Merde!Merde!Ça suffit!C'est une histoire vraiment embêtante que les grévistes d'aujourd'hui gênassent notre travail. Ça c'est extrememt. co(自主規制) あースッキリ。ジャンキーな仏語しか出てきません。まちがってるしな!
『こういう時こそ我々は学ぶべきなのです。フランスを思ってのストライキの為に明日のフランスを築く若人が勉学を放棄することがあってはなりません』
…と格好良いことを仰る先生はいないものだろうか。「キートン」でいうところのユーリー先生みたいな。ロンドン大空襲の最中でも瓦礫をかき分けて授業を続けようとするみたいな……ってあれはお隣は英国の話ですね(というかフィクションだとか日本で連載された漫画の話だとかは気にしない)(似たような話はあったとかなかったとか)。
 意地でも授業を続ける先生がいないのは残念だけれど図書館は開けておけ。いえ、開けてください。
| Journal-私的記録- | 23:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:44 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aslriihraxa.jugem.cc/trackback/642
トラックバック