CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 「人生笑い取ってなんぼ」と素面で言われた日 | main | 飴と鞭と飛行機と柚湯 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
銀英バトン
そろそろ何年目の付き合いになるのかしら鷹司さまの所から勝手にいただいてきました。
銀英伝は高校時代にごくごく限られたところで流行っていた、ちょっとした思い出SFオペラなのです。
銀英と聞いて思い浮かぶのは友人達の顔ってぐらいに。


Q1、PCもしくは本棚に入っている銀英関連
ないんですよ。ビックリなことにないんですよ。
アニメから入ってノベライズも読んで漫画も貸してもらって読んで某祭典で購入可な薄い本まで借りて読んでおきながら…。
あ、実家に帰ったら何某かありそうです。
というか殆ど他力本願なハマリ方をしていた気がします。おおう。 


Q2、今妄想している銀英
・キルヒアイスとカイザーの学生時代→健全な方向で色々と
・カイザーとロイエンタールの共犯者めいた図→ってどんなだ?
・ジュリアンと成長したカイザーJr→おおっと、木陰からフラウ・カリン(断定)の視線が!
・ヴァルハラでの彼らの生活→帝同入り交じりのあんな生活♪こんな生活vビバ不謹慎(倒錯)。


Q3、最初に出会った銀英
高一の時の…どの艦だったか忘れましたが、帝國側のが酷い攻撃に遭っていて、柱が倒れて人が下敷きになっているのを横目で見ながら何か書いていた気がします。
なんて大雑把な記憶。

Q4、特別な思い入れのある銀英
・「…チェックメイト」→あの声が!あの声が!
・「命の差し入れ、ありがとう」→この夫婦は本当に大好きでした。
・お嬢さん、お父さんを僕にください!な皇帝陛下(黄色い薔薇の花言葉は「嫉妬」ですよ、マインカイザー)(あの時のカイザーは可愛すぎました。)
・ベートーベン作曲交響曲第5番第2楽章を聞くと銀英の世界とかカイザーとかブリュンヒルトとかを連想するようになったこと。
・シャルロット嬢のお母様には本当に色々と教えていただきました。料理を覚えるよりも夫の躾!名言だ(笑)
・チョコレートアイスクリームな彼女とダンスして結婚した彼。
・アンネローゼ様。

早い話が第三期以降中心で回ってます。帝國側が多いのは気のせい(ローカル隠語)です。

Q5、最後にバトンを回したい5人
銀英をお好きな方に進呈いたします。いらっしゃらなかったら打ち止め、と。

【私信:鷹司さま】
こんな中途半端な回答で申し訳ありません!
心のBGMは「歓送の歌by小椋佳」でお送りいたしました。
帰った時にでも遊びに行きますから、ビデオ見せてください。
ていうかまた遊んでください。
お忙しそうですが、体調にお気を付けてよいお年を(って早いかしら?)
| Cahier de brouillon -雑記帳- | 23:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:27 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aslriihraxa.jugem.cc/trackback/548
トラックバック