CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< たまには留学生の日記らしく書いてみよう企画第1弾 | main | キュイズィンヌ・じゃぽね >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
言えるうちに言っておく【故郷の話】 
女系天皇容認を盛り込まれた有識者会議の報告書が出たみたいですね。前にも申しましたが、有識者会議の人選は一体全体どのような形で決めたのでしょうか。
「…報告書を受け、政府は来年の通常国会に皇室典範改正案を提出する。皇室の長い歴史の転換で国民の理解を深めることが課題になるうえ、政府・与党の一部には異論が残っており、調整は曲折も予想される。」
女性・女系天皇容認に関しての記事より


議題、議論というものは戦わせてこそ意味があるのです
女性天皇は歴史的に見ても、当世的に見ても何一つ問題がないと思います。賛成です。しかし女系を容認した場合、国内外の問題はどうなる?今の政界を動かしている世代だけの問題でもないし、変えられた際に影響を受けるのは国内だけではないと、ちょいと近代史を紐解けば分かろうものを。
反論しましょうよ。その上で良い案が出来るんじゃありませんか?
ていうか該当される方々の意見も尊重しましょうよ。皇族の方々のご意見も聞くべきですよ。「無私」の御志をお持ちだからこそ!

※無私…「宮中見聞録」参照
| Cahier de brouillon -雑記帳- | 00:49 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 00:49 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aslriihraxa.jugem.cc/trackback/529
トラックバック
「女性天皇問題」は歴史の知恵に学べ前篇
 初めて楽天広場に記事を書いたのがちょうど一年前、「中島らも追悼写真展東京開催へ」なる記事であった。以来三百六十五日全て埋めてきて、今日から二年目に突入した。 去る十月九日に「愛子内親王殿下がおかわいそう」なる発言をしたが、世の中には似た様な事を考え
| 悪の教典楽天市場店 | 2005/11/29 5:07 AM |