CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 内地の家族に頼んだ半纏 | main | トラックバックに関しまして >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
故細川護貞氏のご冥福を祈って
細川護貞氏の訃報を遅ればせながら知りました。この方のことは「高松宮と海軍」など、宮様関連書籍を通してしか知らなかったのですが、歴史系サイト様の所へ久々に行ってみて、護貞氏や先に逝ってしまわれたお友達についてのコメントを拝読して気が付くと涙腺が。
ニュース読んで、「ひと月以上も前ではないか。」と更に。
 日本近代史にハマり込んでからというもの、こういったニュースには今まで以上に注目するようになったのですが、ここまでジワッと来たのは久しぶりかもしれません。もうあの時代を生きた人達がものすごく愛しく思えてしまう。どの時代もやってりゃそうなりますけれど、時間的にはものすごく近いから、余計に親近感が湧くのです。

護貞氏は戦前は政界、戦後は文化界で…と、かなり忙しくしてらしたのではないでしょうか。ゆっくりとお休みくださいますように。
遅くなってしまいましたが、ご冥福お祈りします

ちなみに、護貞氏とはこういう方。
『肥後藩主細川家の17代目。1940年に近衛首相の秘書官に就任したが、戦後は政界から身を引き、主に文化界で活躍した。戦中や戦後直後の政界中枢の動きを克明に記録した「細川日記」や、「細川幽斎」などの著書がある。』
                        四国新聞社 香川県ニュース記事より


 「高松宮日記」編纂に、妃殿下直々の御依頼により顧問として参加され、宮様とは少年の頃から「貞ちゃん貞ちゃん」と呼ばれて可愛がられたほどの仲だったそうです(阿川弘之著「高松宮と海軍」参照)。「高松宮と海軍」には護貞氏の父君細川護立氏との微笑ましいエピソードもあって、読み返していてまたグッと来てしまいました。
 某サイト様でも書いてらしたけれど、本当に、天国で宮様や親しかった人達と再会できていたらいいなぁと思います。

「細川日記」も読みたい資料の一つです。
| Histoire du Japon Moderne-日本近代史- | 22:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 22:11 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://aslriihraxa.jugem.cc/trackback/525
トラックバック