CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
サムライの心 武士の魂
 日本史の授業に行ったら、「日本のアニメがある」とのことで(まぁそれは先週も聞いていたのですが)、三十分ほど鑑賞してからお茶会とともにったり授業開始。
「先生ー」
と笑顔で言われてまた照れまくりました。ちなみに、教員免許は持ってません。
テーマを幕末のつもりが、南北朝時代についてご質問頂いたので鎌倉末期から室町初頭まで。しかし政治史だと、ビィジュアル資料が少ないだけに、稚拙なフランス語を駆使して如何にドラマティックに説明していくかが課題だな、と思います。そろそろ真面目に授業計画めいたモノを作っていかないと、ネタ検証が辛くなりますね。プロの先生だって授業準備をなさりますからね。そうですよね?
 また、入試対策ではなく、日本への理解を深めていただきたい、と思ってやっているので、相手の興味のなさそうな所は今のところ範囲に入れないようにしようと思っていたのですよ。そこで、どの時代や文化について詳しく知りたいか、と率直に質問してみたところ……
「全ての時代とテーマに興味がありますから、一番教えたいところからやってください」
とのこと。おおおお……恐れ多いことで…!
とりあえず『SAMURAÏ(サムライ)とは何か?』を夏までに解説させて頂けたら、と思います。
そんなわけで次回は室町文化を造園技術の変遷とともに紹介していく計画。禅宗文化が関わっていますから、いわゆる「サムライ」の精神面の一つを説明するにはもってこいかと。

(2006/04/07 投稿)
| Journal-私的記録- | 23:46 | comments(6) | trackbacks(82) |
面白ければそれで良し
数日間のモヤモヤが一気に解決。なんじゃ、あんた。そんなことなら早く言えよ(笑)みたいな。
「あの、もしかして相当怒ってる?」
「…怒ってるの通り越して脱力してる」
「じゃあ一回は怒ったってこと?ごめんー(棒読み)」
「否、ワープエンジン使ったから。その点は心配するな。」
てな感じで。脱力したのが私よ。あの時顔を伏せて肩を振るわせていたのはアレです。怒りでじゃなくて、笑っていたのです。

明日はほぼ定例になりつつある日本史の授業です。
もうこれが今のフランスでの生き甲斐ですよ!
歴史やってて良かった!というか今、初めて自分の歴史の知識が役に立ってます!明日のテーマは幕末か、な?

【チョロっと私信】
そんな理由で汽車に乗りそびれた人間を、私は初めて見たよ。否、噂には聞いたことあるけどさ。あーもう!面白いなぁ。

(2006/04/07 投稿)
| Journal-私的記録- | 23:34 | comments(1) | trackbacks(0) |
デモでもコンサート
昼間はフランス全土でストだから引き籠もり。
夜はバロックのコンサートに招待されたので行ってきました。
夜の様子は「続きを読む」以降に。ほぼミクシのコピペですんません。

図書館に、今日返却のCDがあったのですよ。三枚も。
ストで図書館やってないそうで。あはははは。笑うー。
図書館って市立図書館。市役所もスト起こしていたら笑うー。
笑うのかよ。

続きを読む >>
| Journal-私的記録- | 23:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
歩き回る春の日
 帰仏した友人から中華ご馳走になりました。私はただ、自室内のデッドスペースを物置場として提供しただけなのに良いのでしょうか。それを言ったら、明日招待されたバロックのコンサートもあるから、親世代の方々からお世話になりまくっているってことですね。そろそろバチがあたるのではないかと恐れています。
あ、春巻きはとても美味しかったです。ミントを添えてレタスをさらに巻いて食べても美味しいとは知りませんでした。甘めのタレが付くのは恐らくフランス人の味覚に合わせたのでしょうね。こちらの人達はそれほど辛いのはお好みでないらしい。

午前中後半から夕方まで何だかんだで喋りまくってましたね。ついでに歩きまくってた。なんか、生まれてくる時代を間違えたみたいね、と言われました。お互い大変ですね。え?私だけ?そんな。
まぁ、日本の某イベントに関係する文化が存在しなかったり禁制になっていたりしたら、間違いなく私はこの時代に生まれたことを後悔しているかも知れません。ちょっと待て私の生き甲斐って…。

途中で入ったカフェにて、暖かくなってきたのを良いことにミント水をまた飲み始めてしまいました。まだ屋外で飲むには季節的に早かったか。一番安い方だから頼んだのもあります。ミント味の砂糖水。本当はアイリッシュ・コーヒーを頼みたかったのです。酒か。酒が飲みたいのか。
そうだよ(開き直り)。

【二日連続】
私がどうにもこうにも出られない状況下で、どうして部屋の電話が鳴るのでしょうか。しかも外線。
番号表示機能なんてないから、できるだけ出られるように努力はしていのですよ。嗚呼。


トイレ内に回線があったら…とか、コードレスにしてくれたらトイレに持ち込むのに…とか
考えましたがやりたくはないです。出られた方も真実を知ったら嫌だろうな。電話しているのを忘れて、ジャーゴボコボ…とか水を流してしまいそうだし。微妙に汚い話でごめんなさい。つか最低。

お粗末。
| Journal-私的記録- | 23:21 | comments(1) | trackbacks(0) |
夏の時間が始まる
 今日から日本との時差が7時間になったのに気がついたのは、ギリギリの時間に食堂に降りてきた時でした。しっかり忘れていましたね。冬時間に戻った時は1時間得したと思ってましたが、今度は存した気分です。
そうか、もうこの寮に来て半年か。
その半年目で、また帰日する友人を見送り。元気で頑張ってくださいませ!
帽振れー!(某素敵サイト管理者様風に)

午後は天気が良いのに引き篭もって事務書類と読書に耽っていました。実在した遁世主義の高僧が教えを請いたい人達から逃れようと各地を転々とするお話だったのですが、そういうのを読んで頭に思い浮かぶのは「生真面目・少しシャイ」な人物像よりも「『ったく、タルいから幕命とか断っちゃおっかなー』『お願いですからそれだけは!』『えー…しゃーないなー』」のデカダンスちっくに見せている方なんですが。
あ、ごめんなさいごめんなさいごめんなさい!もう申しませんから仏罰だけは勘弁してください!

ていうかデカダンスの意味分かってないでしょ!?>自分

【時計を1時間進めるとこうなる】
 本来なら夕方六時に七時をやってますから(自分でも混乱する説明だとは分かってます)、夕食後も明るいの何の。夜九時前が日没です。

今日は上着がいらない位の暖かい日だったのもあり、夕食後は腹ごなしの散歩ができました。安全のために、複数・日没までに帰寮、をルールとしています。習慣化すれば少しは痩せるかしら?

帰った後に糖分摂取しなければな!
| Journal-私的記録- | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
祭りの夜に
町のお祭り。どうも謝肉祭らしい。謝肉祭ってこれを参照に。
人混みなんて冗談じゃねぇぇぇぇ!…って言っていたのですが、隣人にバッタリ
「今日は謝肉祭だよ!行ってきた?あ、今から?
どうして私はあの時、「ええ、勿論」と言ってしまったのかと申しますと、"How are you?"と言われたら反射的に"I'm fine , thank you .And you ?"と答えてしまう現代教育がもたらした日本人の性 (サガ)並のノリです。
友人二人と素うどん大会をやった後の腹ごなしに行ってきました。途中で色んな人に会いました。
一ヶ月ぶりに会った学科の友達から、月曜日に学科全員で集まって補習の為に何をするべきかついて聞く会があると聞きました。何じゃそりゃ。
集団で要求するだけですか?あ、私はそういうのダメなのでパスしていいですか?
(↑小学校で通信簿の所見欄に「協調性にややかけるところがあるようです。」と書かれるタイプの人間の発言)。

学業が何もやらかしていないのに空回ってます。

町を行く仮装行列は規模云々ではなく庶民的で面白かった。でも激しく踊ってるお姉さん達こそ取らなくては、とやったら全てぶれてしまい、まともなのはおっさんの酔っ払い風仮装(上半身と足元はびしっとスーツで決めているのにズボンを忘れているって感じの)だけでした。そもそもそれを何故撮ったのかって?手が滑ったのですよ(苦しいな)
| Journal-私的記録- | 23:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
春一番 お詫び
猛烈な学生運動で身動きが取れなくなって初めて気がついたことがあります。
2月終わり頃と三月の初めに投函したつもりになっていた手紙を発見しました。幸い封すらまともにしていなかったので今度こそちゃんと送ります(土下座)。>蒼魔さん、鷹司さん、同期の桜M氏

やっと送り先住所が分かったので書く手紙もあります。
関係者の皆様にはお待たせしてしまってごめんなさい(土下座再び)

【花に嵐のたとえもあるぞ】
朝から日が差して暖かいなぁーと思っていたら雨。気持ちいいくらい雨。
今日も引き籠もりになるかと思いきや、日曜日に寮を去る友人の部屋片付けを手伝いに行って、持って帰れない家具類を頂いてしまいました。
 大きな間接照明とCDラジカセと棚と畳風敷物
彼女も以前帰国していったクラスメートが「捨てるくらいなら」ともらったのだとか。ついでなので部屋の模様替えもしてしまおう。

 夕食前のちょっとした案件にて考え事をしていたら、久々に在職時代の頭の使い方に戻っていることに気がつきました。つまりは前職場関係なのですよ。
 そして学生としての頭の使い方との違いにも今やっと。学生が授業で発表する分にはその場における人間バランスと自分の位置をそれほど考慮しなくて良かったんだなー、と。そりゃ大なり小なりはどこでもありますけれど、仕事のそれは違いましたね。
というわけで、新卒生の皆様、もまれてください。
| Journal-私的記録- | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
「先生」と呼ばれて激しく照れて
日本が野球で優勝したそうですね。おめでとうございます!
つい最近知りました。

春コ/ミへ行ってこられた方々、今更ですがお疲れ様でした!
こちらは随分前から知ってました。 

 今日は時間もたっぷりということもあって、例の日本史講座をやって来ました。お茶を楽しみながら日本史やら日本文化史やらについて不肖私が辿々しいフランス語で解説していくという感じです。猫ちゃん可愛かったです。
 山川の日本史資料集は本当に役立っています。古文書を読めるようにまた勉強し直そうと思いました。胡散臭いですが、前はちょっと読めていたのですよ。アレって慣れが大切らしくて、恩師曰く「活版印刷になった時は、逆に今のような印刷物が読みにくかったのですよ」と。塙保己一ゆかりの原版から刷った『伊勢物語』の"初冠"を職員室にて拝見させて頂きながらの会話でしたか。懐かしいなぁ。
 拙いながらも、島原の乱・江戸初期におけるキリスト教弾圧・鎖国政策の政治的背景についてそこそこ納得いく程度に説明できて満足です。ヨーロッパの調度品についても色々教えて頂きました。
またも楽しいお茶の時間でした。
 
なんかこっちの方が向いている気がしてきたぞ。気がするだけかもしれませんが。ちなみに、教員免許は持ってません。まぁ小中高で教師になれるとは思ってませんが、何か一つは教職取りたいと思いつつ何が取れるか分からないです。そのうち考えられるようになると良いね?

【人の輪に入りたかったの】
 寮内の友人に紹介してもらってmixi始めました。本名で名乗る方も多い中、唐草は唐草のままです。発見された方、よしなに。
 
 実はどういう物なのか分かってないんですけれどね。とりあえず最初はお淑やかにいきたいと思います。
あ、やっぱ無理。(早っ)
| Journal-私的記録- | 23:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
「有害」認定!
 地元紙に大学当局のコメントが出てきて、なんか補講は九月かもということに口半開きなって珍しく辞書引きながら、数十分前に見た男子フィギュアで二位になっていた織/田選手のを見逃したのは激しく残念だったけれどフランスの選手が演技中はやたら格好良く見えて「うぉぉ!こんな格好いいフランス男は初めて見たぜ!」と思っていたら演技終了したらお馴染みのフランス人顔に戻っていたのと〈さりげなく失礼〉、一番になっていたスイスの選手の演技の軽やかさと終わった後カメラに向かって何度も投げキッスしていたのがなんか似合ってて可愛かったなぁ…ってなことに思いを馳せていました。何の選手権か、どこで大会終了なのか、その後すぐにテニス特集に映ったので分かりません。
 大学変わるか最低でも学科が変わるからもう良いです。復活祭休暇や夏休み中補講と試験とかいう案も出ているらしいですが、それについて地元紙の見解はこうです。
「誰が復活祭休暇や夏のバカンス中に働きたいと思うだろうか。」

ああ、これこれ。フランス的です。明らかに反語使ってますね。

 今日は大学封鎖に加えて外は雨。出る気ゼロで部屋に籠もって何か読んだり検索したり。笑ってしまったのは。キッズgoo。相互リンクさせて頂いている香椎様のサイトからさらにリンクで「とりかご」様のところで拝読したところによれば、子供にとって有害と思われるホームページはフィルタでカットされるのだそうです。しかしこのフィルタ、いわゆるR指定サイトだけでないのだとか。「創価学会」は良くても「拉致問題」はあんまり突っ込んだのはダメだとか。まぁ早い話政治的見解で偏ったフィルタ。極左は良くてもソフトに右向いてたらダメらしいです。いいのか、子供にこんなもの使わせて!?と色々試しながらも拙プログも試してみることに。
いやぁ、見事に有害認定されちゃってますね。
かかってもその先アクセスできなかったり。まぁ元々、オタクプログだからそろそろ検索避け始めようか真剣に考えていた所だったので良いです。ていうかこういうフィルタには「有害」認定されて少し嬉しかったり。拙ブログが認定されちゃっているのは政治的見解よりも寧ろ他の所にありそうですが。

【早速、大人のブログとして自信を持って何だかなぁーな記事を書いてみましょう!】
〈水〉
 痩せる水〈下る水〉として有名らしいコ○トレックス。最近知ったので、思い切って試してみました。大ボトル二本。1ユーロで始めたダイエットという名の冒険活劇。
…下るどころか、なんか身籠もっているみたいなんですけれど。十月十日で出てくる新しい生命じゃなくって、二十四時間に一回は出て欲しいモノが。飲んだらいきなり身重?Annociation?ルネッサンス期ならフラ・アンジェリコ?天使には会ってません。烏となら目があったけれど。
というかカルシウムきつくて飲むにも辛くなってきたので白旗上げます。。開栓後数日間室温で放置したヴォル○ィックの方がまだお腹緩くなり〈自主規制〉汚い話で本当にごめんなさい。

〈大人向けブログのブログペットの言葉〉
「嘔吐…むにゃむにゃ」「嗚咽ー!」
いやほんと、見た目は真っ白なウサギさんにこんなこと教えたヤツの顔を拝んでやりたいですよ。洗面所行って鏡見てきます。


 背伸びをしようとしてすっ転んだ感が否めません。いいです。そもそもあの手のお子様向けを唄うサイトは大嫌いですから。今時ネット上でも漢和辞典の一つや二つあるのだから、分からない字があればコピペしてそれで引いたら勉強になるでしょうに。大体、子供をそんな温室の中でぬくぬく育てるのは間違いだ。「子供は親の横で色々なモノを見て育っていくんだ」と言った唐草親は、幼少時に本を読んでいて読めない字が出てきて訊いたら「状況から考えなさい」とか「自分で調べなさい」とだけ言って辞書を渡しただけでしたよ。一言読み上げたら良いだけの話を!いや、それで良いのだと思うのですけれどね。腹を空かせた者に魚を与えるのでなく魚の取り方を教える的な感じで。フィルタにしても、臭い物にフタ的考え方が気にくわない。大人になったら見たくない物も見て退所して行かなくてはならないのだから、むしろ情報の選択・善悪の判断について教えなくちゃいけないのでは?というわけで何から何まで甘すぎる子供向け検索サイトは嫌いじゃー!
…と、絶叫してみましたが、「よっぽど暗い子供時代を過ごしたんだな」という印象しかないかも知れません。そんなことはありません。強いて言うなら、キッズ向け検索サイトが重かったのにチョッピリ苛ついているだけです。

ところでキッズgooで、他のヤバそうな言葉はどうよ?と部屋に遊びに来た友人と色々試していたのですが…"BL"で引いたら意としたものの中で唯一「BL占い」だけ何故かOKでした。やってみたら私は「メガネが似合う鬼畜先輩」と出て大爆笑。攻めですかそうですか。占い結果についてくる会話文を読んでまた大爆笑。「子供たちにとって安全であり見せたいと思うサイト」の枠内に入っているらしい辺りにまた爆笑。衆道って引くと全然なのにな。「きれい事」だけでは歴史教育なんてできませんのよ?衆道を教科書に組めとは決して申しませんが。

 うちがなんで「有害」認定なのか分かってきました。
| Journal-私的記録- | 23:21 | comments(0) | trackbacks(0) |
極めて現実的な理由による望郷とは
 授業中止に加えて生来の引き籠もり癖のお陰でめっきり人と話していない今日この頃…と思っていたら今日は十人位の人とカンヴァセーションしてましたね。実家との電話含み、ですが。あ、寮内の乳幼児なお子様達を含めたらもっとか。会話じゃないけれど。頭撫で回しまくっててそろそろ怒られないか心配だけれども。ていうか一歳児な彼にはまだまだ涎掛けが必要だと思うのですよ。お母さん!気付いてあげて!若いお母さんとしての意味か(ここにいる)シングルマザーとしての意味か、彼女たちはプティット・メーると呼ばれています。「メーる」って英語だと「マザー」ね。「る」は「r」発音です。

 午前中の終わり頃、フラフラと貧血気味で怠さのあまりにベッドでちょっとお休み〜十一時半には起きて書き物・メール・手紙等々やって三時ぐらいにはお出かけ♪(←何)のつもりが、目が覚めたら夕方近くでした。時間ドロボウ探知機ってどこへ行ったら買えますか?(真顔)
 やっとの事で夕方出かけたら、寮を出たところで隣部屋の医学生とバッタリ。「よう、元気?」「そっちも調子はどう?」な感じで羨ましい事実を告げられました。
 医学部は再開しているらしい。年度末に国家試験(競争試験)があるから学生運動に付き合っていられないのだそうな。あと、文学部とは建物も違うしね。
 ドイツもそうらしいですが、フランスのお医者さん養成課程も、日本とは違い入る分には点数さえ足りていればほぼ全員医学部に入学。その後は六年間に何度かある実習と国家試験を通ってやっとお医者さん一年生。最初の国家試験でも随分と篩にかけられるんだっけか。世の中騒がしくて大変そうだけれど、合格に向けて頑張れ!
 で、私向けな情報は、「少なくとも今週含めて2週間は封鎖されたままだろうね」て………!帰っても良いですか?ぶっちゃけ、授業と試験がないのだったらあんまりフランスで生活費払っている意味無いんですけど。大学払った金は登録費と社会保険料ぐらいなので「授業料返しやがれ(怒)」と抗議するわけにも行かず。登録費を8ヶ月で割って、それ×封鎖月分返してもらったら、とも考えたのですが、ひと月分日本円にして2千円ちょっとなんでなんか恥ずかしくなってきたからいいです。
続きを読む >>
| Journal-私的記録- | 23:11 | comments(1) | trackbacks(0) |
| 1/63PAGES | >>